カテゴリ:DeadBase 93( 1 )

DeadBase 93: The Annual Edition

d0028170_21395672.jpgAuthor: John W. Scott, Stu Nixon, Mike Doigushkin

(DeadBaseについては、こちらの紹介記事を参照願います)

DeadBaseには、3種類のシリーズが存在する。
1つ目は"DeadBase XI"としてこのサイトでも紹介したいわゆる通年版。65年頃のショーからその時点までの最新ショーのセットリストを網羅したものだ。主にショーごとのセットリスト(Song Lists)、曲ごとの演奏日の一覧(Every time Played)、各ショーのレビュー(Reviews)などで構成されている。1999年までにシリーズとして11冊が出版されているが、個人的には、XかXIのどちらかを押さえておけば、それ以前のものを探し出す必要はないと思う。
2つ目は、通年版の中から、セットリストの部分だけで編集された小型版の"DeadBase Jr."だ。通年版はA4サイズで500ページをゆうに超えてしまうため、携帯性を考えて小型版のジュニアが発売された。A5サイズで280ページのジュニアは薄めのペーパーバックサイズのため、確かに携帯しても苦にはならない。バンドが95年に活動を休止してしまったため、シリーズ化されることもなく、1冊が販売されただけに終わっている。
そして3つ目がThe Annual Editionという単年度版である。これは88年から93年まで計6冊がシリーズ化され、出版されている。
「通年版があれば単年度版は要らないじゃないか」というのはもっともな話である。いかにマニアといえども、それはやりすぎではないか?と誰しも思うだろう。ただ、この単年度版には、ここにしかない、執拗なまでの分析がこれでもかと書かれている。
まずその年に行われた全てのショーの演奏時間と演奏曲数の比較。同様に1stセットの曲数と演奏時間数の比較、2ndセットの比較(2ndセットではDrumz(※1)以前とDrumz、Drumz以降の時間も分類の対象だ)。ショー単位での曲ごとの演奏時間の記載。その比較。時間の長い順、短い順。各ショー会場のキャパシティと実際の動員客数(ソールドアウトの有無)。チケットの写真と、ショーの写真。ファンからのアンケートの調査結果。そしてショーのレビュー。
なんというのか、「これでもか、これでもか、これでもか」という感じである(笑)。そしてバカみたいな話なのだが、そういうのをぼんやりと眺めていると、「あれなんでこの日の1stセットはこんなに短いんだろう」とか、「この日のDrumzは凄そうだな」とか、新しい興味がムラムラと涌いてくるのだ。個人的な結論を言えば、「探し出してまで(そして高い金を払ってまで)揃える必要はない。でも持っていても損はしないし、新しい発見は必ずある」ということだ(※2)。

<2005年04月現在>
【お薦め度】7点(/満点10点)
【入手難度】絶版のためかなり入手難だったが、以下のURLで限定100部が販売中。新品です。

販売は終了した模様です《2005年11月追記》

※1.DeadBaseでは、いわゆるDrumsとSpaceをひとまとめにして、Drumzとして記載している。
※2.2005年04月にAmazon.comで、88年から93年まで、全ての単年度版のデッドストック品が100セットずつ定価で販売された(各10ドル+送料)。一冊だけを買うのなら安い買い物であるが、6冊全てを揃えると送料込みで120ドルほど掛かってしまう。そこまでの価値があるかどうかは、各自の判断にお任せする。ただし、プレミア目的で買うのだけは止めた方が良いと思う。
[PR]
by h_asaden | 2005-04-17 18:57 | DeadBase 93